最近、仕事で電子書籍の制作を受注してepubフォーマットの電子書籍を作っています。電子書籍制作者としてはまだまだヒヨッコなのですが、ぼちぼちやっております。

電子書籍の仕事を始めるにあたって、制作側として少しでも「電子書籍を読む」という実感を掴もうと、自分でも電子書籍を買って読み始めました。はじめは「仕事に必要だから」という義務感から買っていた電子書籍ですが、実際に電子で読んでいるうちに、紙の本にはないメリット・デメリットがあることにも気付きはじめました。

今回はいち読者の立場から、電子書籍の「いいとこ」「わるいとこ」をつらつら書いてみたいと思います。

どんな環境で読んでいるか

利用しているストアは、メインでAmazonのKindle、時々hontoです。
リーダーはKindle Paperwhite(2012)、iPad mini(2012)、iPhone 5Sを場合に応じて使い分けています。一番読みやすいのはPaperwhiteかな。軽いし片手で持てるのと、画面が反射しないのがいいですね。
iPadは、カラーの本や固定レイアウトのIT書、マンガを読むときに使います。iPhoneは画面が小さいので、マンガとか固定レイアウトの本を読むには辛いですが、外出時にさっと取り出せて読めるのは良いです。

メリット1:場所を取らない

圧倒的に省スペース。そして蔵書を探しやすい。
大きな本棚をお持ちの方なら良いんでしょうが、私は部屋に収納があまりないので、収納スペースはいつも悩みの種です。結局押入れに詰め込んだりしてるんですが、そうすると本をどこにしまったか分からなくなり、探すにも一苦労。
電子書籍ならスペースも取らないし、電子書籍リーダーを開けばすぐに目的の本が見つかります。私のような「片付けられない人」にはこれが一番のメリットではないでしょうか。

メリット2:手で本を押さえておく必要がない

紙の本だと、常に手でページを押さえて開いておく必要があります。でも電子書籍ならページを押さえる必要がありません。スタンドを使えば完全に手が空きます。本を読みながら作業したり、寝っ転がって読む時にはとても快適かつ効率的です。いつも下の画像みたいに、スタンドにiPadを立てて読んでいます。
20140706-163501.jpg

メリット3:すぐ買える

続きが気になる小説もマンガも、本屋に行かなくてもすぐ買えます。品切れもありません。
ただ、あまりにも手軽に買えるので、ついつい無駄に買いすぎてしまいます。

メリット4:紙の本より安い

大体の電子書籍は紙版よりも数十円~数百円安くなっています。それだけでもちょっとオトク感がありますが、Kindleストアではセールもよくやっています。hontoもしょっちゅうクーポンを送ってきます。紙の本では(再販制度があるので)割引はまずないことを考えると、安く買えるチャンスが多いのはありがたいです。

デメリット1:本の「所有権」がない

ストアが取り扱いを終了したり、ストア自体が閉店してしまうと、買った本はもう二度と読めません。
これは本を大事にする人には大きなデメリットになると思います。
私は本は割とすぐに処分してしまうタイプなのであまり気にしていませんが、長く大事にしたい本は紙で買った方が良いです。

デメリット2:電子書籍では全巻出てない本がある

マンガなど続きものの本で、全巻電子書籍化されていない場合があります。また、発売日が紙の本よりだいぶ遅れることも。
人気作品なら紙の本と同時に電子版が発売されていることもあるので、電子版を買う際には事前にチェックしておくと良いと思います。

デメリット3:文字が小さくて読みづらいことがある

リフローの本であれば文字サイズは好きに変更できるのですが、固定レイアウトの本は文字サイズを変更できません。ピンチアウトすれば画面が拡大されますが、画面の一部がズームされるだけなので長い文章を読むには適しません。

結論:まだ完全に電子書籍にシフトはできない、でも快適なのは事実

デメリットを考えると「完全に電子書籍にシフト」とはいかないのが残念ですが、読書スタイルによっては電子書籍は本当に読書環境を快適にしてくれます。本をたくさん買う人や、分厚い本をよく読む人には特におすすめ。

制作する立場として

上記は読者の立場から見たメリット・デメリットですが、制作する立場としてもいろいろ思うところがあります。
epubは中身はHTMLやCSSなので、Webの知識があれば作れてしまいそうに見えます。でも、RS(リーディングシステム)の挙動がとにかくバラバラで、さらにWebとの微妙な仕様の違いもあり、少しでも凝ったレイアウトを作ろうとすると苦労します。
Kindleストアひとつとっても、Paperwhite、KindleFire、アプリ版はiOS・Androidアプリがあり、それぞれ挙動が違うのです。多数のストアに出そうと思えば、チェックだけでものすごい時間と手間がかかります。

それにしても、現在電子書籍の開発に携わってる人ってどんな方たちなのでしょうか。DTPな人なのか、WEBな人なのか? あんまり業界の人と交流しないんで分かりません。だれかおともだちになってください。